葬送サービスとは

「葬送(そうそう」とは、「死者を弔い、祀る儀礼や慣習」のことです。一般的には、葬式や墓地への埋葬などを指します。
近年、様々な葬送のかたちやサービスが登場し、そして葬送の簡素化が急拡大してきています。

そういった現代の様々な葬送サービスの情報を「海洋散骨」「樹木葬」「骨仏(こつぼとけ)」などの「散骨(さんこつ)」を中心にご紹介していきます。

散骨とは

日本では、人が亡くなると火葬をし、ご遺骨はお墓に納骨されるのが一般的です。しかし近年、ご遺骨をお墓ではなく、海、川、山などにご遺骨を還すことにより、自然の大きな循環の中に回帰していこうとする「自然葬」が少しずつ増えてきています。

「散骨」とは火葬後のご遺骨を粉末状にした後、海、空、山中等でそのまま撒く葬送方法をいいます。
狭義にとらえると「自然葬」と「散骨」は同じ意味であると考えて良いかと思います。

特に海に散骨する「海洋散骨」「海洋葬」や、山に散骨をする「山林散骨」「樹木葬」は、映画などの影響もあり認知度が徐々に上がっています。